AIスピーカ連携デバイスについて

sRemo-Rではスマートホーム機能として以下の3種類のAIスピーカとの連携デバイスを進めております。
そのため、GoogleHomeやAlexaでスマートホームのsRemoを有効にした場合に以下のデバイスが表示されます。

(1)AIスピーカーデバイス設定
=> GoogleHomeでは「スイッチ(ON/OFF)」デバイスとして登録されます。
 「〇〇つけて(ONして)/消して(OFFして)」で制御できます。

(2)sRemo-R名
=> GoogleHomeでは「温度計」デバイスとして登録されます。
 「<sRemo-R名>の温度は?」でAIスピーカから温度を音声で回答

(3)エアコン名(エアコン専用画面で登録したエアコン名)
=> GoogleHomeではエアコンデバイスとして登録されます。
 「<エアコン名>つけて/消して」など、登録したエアコンを制御
 (温度制御などもGoogleHome対応により提供できる予定)

(1)はデバイスとリモコン番号の登録が必要です。
(2),(3)は名前を設定すると自動で登録され、GoogleHomeやAlexaが提供する機能が利用できるようになります。
ただし、GoogleHomeやAlexaも順次、日本語に対応中ですので、sCloudで対応していても使えない場合があります。

よろしくお願いします。