リモコン信号のsCloud保存(画面単位)

sRemoに設定したリモコン情報をsCloudに保存できます。 エアコンやDVDなどリモコンの本体ごと・または画面ごとに保存するため、面倒な設定が不要になります。
また、その情報をユーザー同士で共有し、互いに利用することが出来ます。

リモコン情報は、(1)信号単位・(2)画面単位 の2種類の方法で保存できます。
このページでは、(2)画面単位の保存の方法について説明します。

sCloudへの保存方法(画面単位)

(1)sRemoアプリの設定・表示メニューより、「リモコン設定」を選択
赤外線設定メニューより保存したいメニュー番号(1~6)を選択します。

(2)ボタン情報を設定した後、「クラウドへ保存」をタップ

(3)「画面保存」をタップ

(4)画面を保存するリモコンの選択画面になります。ただし、自分の作成したリモコンにしか保存できません。
保存したいリモコンがない場合は「新規作成」をタップ
(まず新規作成の場合を説明します。追加保存または上書き保存の場合は(7)に進んでください。)

(5)リモコンを新規作成しますので各項目に情報を入力>「作成して保存」をタップ

(6)クラウド保存完了です。(OKをタップ)

【既に保存済みのリモコンに追加保存または上書き保存する場合は(7)~(9)の手順へ進んでください】

(7)リモコンの一覧が表示されますので、追加保存または上書き保存したいリモコンを選択してください。

(8)リモコン情報が表示されますので、「追加保存」をタップし完了です!
(ボタン位置・ボタン名が同じボタンは上書き保存されます。)
「画面」ボタンをクリックするとボタン画面を確認できます。